Mt.Goxでのビットコイン取引の実際

実際にトレードしてみないと、その取引所の感じはぜんぜん掴めませんね。
セカンドライフのリンデンドル取引所VirWoxとは、けっこうそのシステムに違いがあります。

気配値やトレード履歴の表示からして違うし。
ひょっとしたら、もっと見やすいサイトもあるのかも知れませんが、ぼくが見ているのは「bitcoin charts」というサイト。

対円取引のトレード履歴は
「Home」→「Markets」内の「All Markets」タブ→「JPY:mtgoxJPY (Mt. Gox)」→「Trade History」タブ
・Bitcoin Charts / Markets / mtgoxJPY
http://bitcoincharts.com/markets/mtgoxJPY_trades.html

こんなページ↑。

気配値の方は上記ページの「Market Depth」タブから。

このふたつのページで、なんとなく状況が掴めるのではないかと。

注文の入れ方はかなり違います。
VirWoxでのBitcoin取引の単位は1Bitcoin単位での売買でしたが、Mt.Goxでは小数点以下第8位まで表示されているので、その桁までの注文がいれられるのではないかと思います。
日本円の単位は未確認ですが、少なくとも小数点以下第3位までは表示されてます。
もっと出るのかも。
下の注文画面を見ると、日本円の合計金額が小数点以下第2位までしか出ていないので、まあ、そんなあたりまでですね、きっと。

これが今のぼくのアカウントに入っている金額。
Mt.Goxサーバ内のぼくのBitcoin Walletに10.29386400 BTC、日本円が57.298円。

こんなに刻めるとは知らなかったので、1Bitcoin単位で注文を入れてました。(^^ゞ
あんど、取引手数料も込みで計算して注文を入れていたので、日本円に微妙な金額が残ってます。
注文は、ひとまず手持ち金額ギリギリの、小数点ズラズラ並べた買えるだけの分量で注文を入れると、成約時にその中から自動的に取引手数料が引かれたものがアカウントに入ります。

ともあれ、現状では10Bitcoinだったのが、約10.29BTC+57円になってます^^
目指せわらしべ長者。(^^)/
なんか、ゲームセンターでコインを増やしている感覚^^

下が実際の注文画面。(Bitcoinを売る方)
試しに、注文数を小数点以下第8位まで刻んで入れてみました。
売る金額を1BTC=1,000円にしてありますが、当分そこまでは上がらない気配。
注文数、金額を入力すると、自動的に合計金額が出ます。
実際の成約時には、この合計金額から0.6%の取引手数料が引かれることになります。

画面上の方に「0.6%」という数字と「20.36%」と書かれたゲージが出ていますが。
「0.6%」が今の取引手数料で、ゲージが100%(過去30日間の取引合計が100BTC)を超えると取引手数料が0.55%に下がります。
過去30日間の取引合計により、最高0.25%まで取引手数料がディスカウントされることになるのですが、個人的にはデフォルトの0.6%で充分安いので、特に気にしてません。
ていうか、30日間で100BTCいかないと思ふ。

Popular Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">