インド政府のビットコイン対応は?(CoinDesk記事和訳)

  • Are India’s Regulators Poised to Clamp Down on Bitcoin?
    http://www.coindesk.com/indian-regulators-clamp-down-bitcoin/
    December 9, 2013

    • インド当局は新興デジタル通貨に関するリスクに対して公式勧告の準備をしているといわれている。
      これはデジタル通貨全体の問題ではなく、Bitcoinを含む暗合通貨が流行していることに対する問題だ。

      インド規制当局は現在増えつつあるBitcoin投資の仕組みが、やがて投資詐欺の電子バージョンとして利用され、大きな価格変動の元になるかも知れないと懸念している。
      匿名のインド政府高官は「Bitcoinに関するリスクの可能性」を警告するため、今すぐにでもインド政府から公式勧告が出されるかも知れないとインドPTI通信(PTI)に語った。

      • 「Bitcoinはインドではまったく新しい概念であり、誰がそれを取り締まるのかその管轄さえまだはっきりしておらず、取締当局がデジタル通貨全般に渡って規制する方法を奪い合っているのが現状だ」

      中央銀行は強化する

      中国とフランスの中央銀行は同じような警告を発表した。
      中国は金融機関のBitcoin取り扱い禁止を公式に命じたが、通貨が完全に禁止されたわけではない。
      フランスはさらに、Bitcoinの潜在的欠点を背景に警告を出した。

      しかし、最大の懸念が経済問題にあるとは思えない。
      特に中国やインド、フランスなどのように大きな経済圏の中では、Bitcoinの流通量は全体の中ではまだまだ少ないからだ。

      Bitcoinには経済の安定性を損なう可能性はないが、脱税やマネーロンダリングとしての利用は明らかに危険だ。
      あるセキュリティー専門家は、テロ組織への資金チャンネルとして用いられると確信している。

      また、別の問題は規制の欠如だ。
      仮想通貨を取引する人々のほとんどが違法行為を行う意図は持っておらず、デジタル通貨取引に対する規制のない状態は既にいくつかの取引プラットフォームを崩壊に導いた。

      規制の欠如は両刃の剣だ。
      あるユーザーたちは自分好みのBitcoinを作っているが、それは元々不安定な市場に更なる大きな価格変動性と更なるリスクをもたらしている。

      インドにおける電子ネズミ講

      インドにおいて、金融規制当局はBitcoinから目を離してはいないが規制もしていない。
      だが、それは変わるかも知れない。

      インド政府高官は、当局がBitcoinに対してマネーロンダリング規制を適用したアメリカの例に倣うよう助言した。
      これと同様の規制は既にBitcoin以外の他の金融取引にも適用されているが、まっとうなトレーダーやビジネスには影響を及ぼさないだろう。
      実際、長期的に見れば、それは非常に有益になり得る。

      インド規制当局の問題のひとつは、多重的な市場構造の中にあるBitcoinの使用であり、それは実在する商品として正当に見えるよう装うことができ、基本的にネズミ講として用いることが可能だ。
      規制当局は、処理のすべてが実質的に匿名で電子的に行われるこのような電子ネズミ講は、停止させるのが非常に難しくなるだろうと懸念している。

    Popular Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">