リンデンラボの新利用規約でL$両替所のその後

リンデンラボによる新サービス利用規約によりそのサービスを中止したサードパーティー・リンデンドル両替所も多いですが、VirWoxのようにリンデンラボと共に新サービス利用規約の範囲内でサービスの継続を模索中の所もあります。

そんな海外のサードパーティー・リンデンドル両替所の動向を掲載した記事がありました。

・Podex, AnsheX, DXexchange down, other exchanges wait for good news ? Hypergrid Business
http://www.hypergridbusiness.com/2013/05/podex-anshex-dxexchange-down-other-exchanges-wait-for-good-news/

上記記事によると、リンデンラボと共に新サービス利用規約の範囲内でのサービス提供を模索しているリンデンドル両替所がVirWoxとCrossWorlds exchanges。
サービスを中止したリンデンドル両替所は、Podex、DXexchange、AnsheX。

この中止した中で、Podexは「リンデンラボにより停止された」とのことで、更に「Podexと関連するアカウントすべてがリンデンラボにより停止された」と言っています。

また、DXexchangeも「取引活動用のアバターがリンデンラボにより停止された」とのこと。

AnsheXは何のアナウンスもなくWebサイト上の取引セクションが消えた。

他に、Xchange4LSは新サービス利用規約内でのサービス提供を実装する準備中。

これらの両替所とは異なり、リンデンラボからは新サービス利用規約内でのサービス提供を考慮中的な連絡を受けた取ったVirWoxのような両替所もあるそうで。
それらは、VirWox、CrossWorlds、Virtuatex、Gyndex、MBkash。

中でもMBkash社長は、「VirWoxや主なヨーロッパ両替所がリンデンラボに全面買収されるかも知れないと心配している」そうです。
過去にSLExchangeやOnRezが買収されたように、あり得ない話ではないですよね。

あとは、以下の両替所がストップしていて更新情報がないとのこと。
Moneyslex、First Meta、Moneyservers、ELDEXchange、Bulido、Cash Services、vForEX、Virtual Mind、Exchange 24。

そうこうしている中、セカンドライフ・ユーザーのリンデンラボへの誓願がフランスで243人、ドイツで1,310人集まったそうです。

というわけで、上記ページ記事は、かなり情報量の多い素敵な記事だったわけですが。

方やアカウント停止で強制的にサービス中止になった両替所があるかと思えば、規約内でのサービス継続を模索中との連絡を受けた両替所もあり・・・。

リンデンラボによる新サービス利用規約の意図や目的が、未だにクッキリとは見えて来ません。

何となく、リンデンドルを、ゲーム外現実世界には流通しない(仮想通貨の範疇には入らない)、オンラインゲーム内限定のトークンにしたいんじゃないか、的な想像をしてみたりもしますが。
まだまだよくわからないし、想像でしかないのです。

Popular Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">