【追加】複数のビットコイン取引所がDDos攻撃を受け反落(TechCrunch記事和訳)

Bitcoin急落のニュースは、ガーディアンCNETCNNなどからも出ていますが、TechCrunchのニュースが総合的でわかりやすかったのでメモ。

  • Bitcoin Suffers A Correction Amid Apparent DDOS Attacks On Some Exchanges | TechCrunch
    http://techcrunch.com/2013/04/10/bitcoin-crash/

    • Bitcoinは過去30日間で価格が5倍になった後、古典的な反落を経験しています。
      今朝Mt.Goxで265ドルの高値で取引されていたBitcoinは、急落して現在は150ドル付近で取引されています
      (※上のリンク先のデータページはちょっと面白い^^)

      我々はMt.Goxに何が起こったのか確かめるため、最大の取引所のひとつに接触しました。
      TradeHillと呼ばれるサンフランシスコに拠点を置く取引所は、Mt.GoxとBitstampへの明らかな分散型サービス妨害攻撃(DDoS)があると言っています。
      攻撃者がターゲットの外部要求を上回った時、分散型サービス妨害攻撃(DDoS)が起こり、その結果正当なユーザーからの正規リクエストを受け取ることが出来ません。

      先週、東京に拠点を置く取引所Mt.Goxは、ハッカーたちは通貨価格操作のための戦略を取っていると語っていますす
      「攻撃者はBitcoinがある価格に達するまで待ってから売り、そして取引所を不安定にし、多くの人のパニック売りを待ちます」
      「Bitcoinがある一定の価格まで落ちたら、攻撃を止めて出来だけ多くBitcoinを買います」
      「これを過去数日間に2、3回繰り返して彼らは稼いでいます」

      これは再び起こることかも知れません。
      専門的な視点から見ても、30日間で400%の価格増はおそらく維持するのは不可能です。
      この時点での反落は、むしろ健康的で自然なのかも知れません。


※追記 4/11 17:45

その後Mt.GoxがフェイスブックでDDoS攻撃による取引遅延ではなかったと発表してます。
それを受けてTechCrunchさんもMt.Goxフェイスブック発表を全文掲載した追加訂正記事を投稿。

・Bitcoin Price-Drop Caused By Rush Of Interest, Not DDOS, Says Mt.Gox Exchange; Newcomers Now Opening ~20k Accounts Per Day | TechCrunch
http://techcrunch.com/2013/04/11/bitcoin-price-drop-caused-by-rush-of-interest-not-ddos-says-mt-gox-exchange-newcomers-now-opening-20k-accounts-per-day/

Mt.Goxによると、3月全体の75,000に対して4月初頭の数日だけで60,000の新規アカウント登録があり、一日あたりの新規アカウントは平均2万になるとのこと。
新規アカウントと取引量の急増に処理が追いつかず取引遅延が生じ、それにより連鎖的パニック売りが起こったというのが暴落の原因。
先週から今まで昼夜を問わず事態の改善に忙しかったが、今後数日間はシステムの総合的改善を行うようです。

Popular Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">