ビットコイン取引所Mt.Goxがアメリカに進出(ITworld記事和訳)

  • Mt. Gox, the largest bitcoin exchange, comes to the US | ITworld
    http://www.itworld.com/it-management/345448/mt-gox-largest-bitcoin-exchange-comes-us?page=0,1
    February 28, 2013

    • アメリカとカナダでの仮想通貨購入をよりスムーズにするため、Mt.GoxはCoinLabと提携しました

      世界最大のbitcoin取引所は、アメリカとカナダの人々が仮想通貨をより簡単に購入できるよう来月(3月)アメリカに移転し、その影響力を増すことでしょう。

      「Mt.Goxと呼ばれる取引所は、3月31日にそのトレーディング・サービスを提供するため、アメリカの新興企業CoinLabとSilicon Valley Bankと取り組んでいます」とCoinLab社長Peter Vessenesは書いています。
      CoinLab / Mt. Gox Transition Plan:2013年3月31日にアメリカとカナダの顧客にBitcoinの購入と販売およびその取引業務を提供するため、Mt.GoxとSilicon Valley Bankは提携している)

      Mt.Goxの拠点は日本にあります。
      Mt.Goxはbitcoin購入のための最大の市場を提供しており、そのbitcoinは電子通貨であり、処理確認のために分散型ピア・ツー・ピア暗号化システムを用いています。

      ほとんどの取引所では手持現金を銀行から送金するか電信送金する必要があるため、bitcoinを購入することは容易ではありません。
      取引所は、通常不正行為防止のため、クレジットカードやデビットカードでのbitcoin購入を認めていません。

      Vessenesは書いています。
      「以前あったいくつかのセキュリティ問題にもかかわらず、Mt.Goxは最も高度で安全なトレーディングとbitcoin購入システムを持っています。」
      「しかし、Mt.Goxの利用はアメリカとカナダの人々にとって簡単ではありません。」

      「アメリカの顧客にとって、Mt.Goxの利用は時々難しいかも知れません。」
      「日本に拠点を持つMt.Goxは異なるタイム・ゾーンにあるため、お金を移動させることはまさに挑戦であり、多くの人が払い戻し受け取りの遅れを心配し、これらのことが全体としてBitcoin環境を傷つけています」

      アメリカとカナダのMt.Goxの顧客は、彼らの資金がアメリカに移転するのを目にするでしょう。
      そして、それらの国の人々のため、Mt.GoxのWebサイトはCoinLabブランドになります。

      CoinLabは、bitcoinと現金、両方のセキュリティに重点的に取り組むのと同様、顧客サービスを改善するつもりです。
      そして、Silicon Valley Bankは、CoinLabに銀行業務のバックエンドを提供するでしょう。

      「我々は現在、bitcoinの売買やトレーディングに関する顧客満足度改善に多くの資源を投入しており、それらは変更開始後に公表されます」

      2009年にデビューしたBitcoinは、Satoshi Nakamotoによって作られ、暗合の専門家が9ページの白書に記述した匿名を前提としたシステムです。

      電子通貨はそのプロトコルを実装した多くのソフトウェア・クライアントのどれかひとつを使用して転送することが出来ます。
      世界中のどこに対する転送であれ、その処理が確認されるのは1時間以内です。
      送金手数料は非常に安いかまたは無料です。

      Bitcoinは主流の利用の中へ外縁から押し進み、企業数社は商店がより簡単にBitcoinを受け入れるためのツールを開発しています。
      過去数ヶ月で、WordPressやReddit、そしてファイル共有サービスMegaがその支払いをbitcoinで受け付けはじめました。

      通貨は先月、18ドル付近から30ドル以上に急騰。
      木曜日には一時33ドル以上で売られ、それまでのMt.Goxでの最高値を更新しています。

Popular Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">