Archive for 2014年10月31日

安心できる日本の仮想通貨窓口Kraken上陸!

というわけで、ついにBitcoin等の仮想通貨取引所Krakenが日本上陸しました。

はじめ、今日日本上陸というニュースを見てサイトを眺めても、さして以前と変わりがなくて「?」と思いましたが。
設定から言語で日本語を選択すると、ちゃーんと日本語サイトになるじゃありませんか。な~んだ

・Kraken
https://www.kraken.com/

アカウントの認証レベルは0~4まで。

・レベル0:登録のみ。出入金不可。
・レベル1:出入金はデジタル通貨のみ。
・レベル2:出入金上限 1日:2,000$、1ヶ月:1万$。
・レベル3:出入金上限 1日:2万$、1ヶ月:10万$。

レベル1の認証は、氏名、生年月日、国、電話番号。
レベル2の認証は、上記に住所確認がプラス。
レベル3の認証には、運転免許証などが必要になります。

ぼくのKrakenアカウントはレベル2までの認証が通っていて、数ヶ月前からレベル3の認証が審査中になっていますがw。
まあ、当面レベル2でも充分でしょう。
日本上陸したことで、再度レベル3を申請し直せば認証されるとは思いますが、面倒なのでそのうちに。

「認証申請のページに、日本在住者・日本の銀行からの入金はレベル3認証+顔写真付証明書で自撮りした写真が必要とありまので、事実上レベル3は必須でしょうね。」という指摘がありました。
見逃していました。(^^ゞ
日本の銀行からの入出金はレベル3以上が必要なのでした。

さて、肝腎のKrakenと日本の銀行との出入金ですが。
入金の場合は、「入出金」→「入金」→「円(JPY)」と進み、記載されている三井住友銀行口座に入金。
出金の場合は、「入出金」→「出金」→「円(JPY)」と進めば、銀行口座を追加することができます。

おお、素晴らしい。
これで、晴れて日本にも信頼できる仮想通貨の窓口が出来ました。

あとは出入金にどれくらいの時間がかかるのかですが、誰かの報告を待つか、いつか自分で試してみましょう。

う~ん、それにしても画期的。
Krakenで扱う仮想通貨はBitcoinやLitecoinの他にも、RippleのXRP、StellarのSTRも含まれていますから、日本人にとってはかなり利用価値のある取引所になりそうです。

これまで、日本の個人が運営するRippleゲートウェイを利用してきましたが、今後はKraken利用になるかも。
というか、この日本上陸を機にKraken全体の出来高が上がることに期待しています。
(現状だと出来高悪すぎなのでw)

Justcoin取引所閉鎖

う~む、Justcoin閉鎖のメールが届いていました。

・Justcoinでの取引は10月29日(今日ですね)でクローズ。
・ユーザーはできるだけ早く資金を引き出すこと。最終期限は11月11日。
・資金引き出しは手動で行うので、24時間以内を見込んでほしい。

理由としては、Justcoinが利用してる銀行からもはやデジタル通貨は受け入れない旨通知があり、銀行口座なしではビジネスを続けることは不可能だとのこと。
もちろんつい先日起こった不正IOU取引での損失もあるでしょうし。
今朝出ていたニュースもタイムリー過ぎて無関係とは思えないですね。

・FinCENはビットコイン決済・交換サービスを資金移動業と見做す | ビットコインニュースのBTCN
http://btcnews.jp/fincen-bitcoin-guidance/

  • 金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)は、10月27日にビットコインの決済処理サービス・交換サービス事業をマネーサービス事業(MSB)として、米国の法律の下で管理可能とする指針を新たにリリースした。
    この指針によると、提供するプラットフォーム上で売手と買手のマッチングを行う交換所形式の事業者や、ビットコインでの決済を受け入れドルや円に変換する決済処理事業者も資金移動業者と見做される可能性がある。
  • 指針ではビットコイン決済処理サービスや交換サービスは資金移動業者としてFinCENに登録し、FinCENの規定する様々なリスク基準の下、「通貨取引レポートの提出」「疑わしい活動の報告」「証券売却に関する記録・管理」を徹底し、「資金移転ルール」を遵守しなければならないと結論づけている。
  •  

    さて、JustcoinはSTR/BTC取引市場の6割を占めるメジャーマーケットだったわけですが、Justcoin閉鎖のアナウンスとともにSTR価格は急落しています。

    下図はSTR/USDの24時間チャート。

    ちなみに、現在のSTR/BTC市場占有率が以下。

    1:Justcoin:62.44 %
    2:BX Thailand:21.37 %
    3:AllCoin:6.36 %
    4:Poloniex:3.02 %
    5:Kraken:2.85 %

    現在はタイ市場が2割で2位、それにAllcoin、Poloniex、Krakenと続いています。
    Allcoinはモナコイン取引トップの市場、Krakenは今月末に日本でサービスを開始するニュースが出たばかりの取引所。
    これら日本がらみの市場がどうなっていくか気になりますね。

    ・ビットコイン取引所大手Kraken、月内めどに日本でサービス開始:ITpro
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/102301587/

    Ripple内モナコイン5MON無償配布第二弾!

    Rippleギブアウェイ団が10月いっぱい行っている「Ripple内モナコイン5MONプレゼントキャンペーン」に続いて、11月も同様のキャンペーン実施が決定しました。

    「一人1回限り」という縛りはありますが、10月キャンペーン中に5MONもらった人も対象ですので、はじめての人は今月中に申し込めば翌月すぐにまた5MONもらうことができます。

    ・Ripple ギブアウェイ団
    http://flamenco.main.jp/RippleGiveaway/joyful.cgi

    Ripple内モナコインMONはゲートウェイ「ノルップル」を通して通常のモナコインWalletへ出金できますし、逆にモナコインを「ノルップル」に送金してRipple内モナコインMONに換えることも出来ます。
    また、Ripple内MON/XRP取引でMONをXRPに換えると、他の様々なRipple内通貨(BTCやUSD、JPYなど)と取引することも出来ます。

    Ripple Walletの「資金」→「Gateways」→「Connect gateway」と進み。
    「Gatway’s Ripple name or adress」欄に「~Norupple」または「r9D5NS8yWnVsAJ3r2LSY3Te8VP31u3gwTq」を記入。
    「通貨」欄にはキーボードから「MON」と記入し「保存」ボタンを押すと、「ノルップル」の「MON」をゲートウェイに追加できます。

    ゲートウェイにノルップルのMONを追加したら、是非ともRippleギブアウェイ団を訪問してください。
    お待ちしてます。(^o^)/

    投機心を煽る日本のRipple系ビジネス (-_- ;

    ・電子通貨サービス「リップルトレード研究会」の提供開始 ~数百年に一度のイノベーション~ 電子通貨リップル(XRP) – SankeiBiz(サンケイビズ)
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/141022/prl1410221042019-n1.htm

    このニュース記事を見た時には「お、いいかも」と思ったものでしたが。

    >【提供の背景】
    >日本では未だ電子通貨として認知度が低いRipple(XRP)の取次ぎを簡潔化し、
    >誰もが簡単にRipple(XRP)を取得することが可能になる「リップルトレード
    >研究会」のサービスを開始することになりました。

    >【「リップルトレード研究会」のサービス概要】
    ><特長>
    >例えば、様々な慈善活動にFacebookの「いいね!」の感覚で世界中から小額
    >の寄付金を集めることができるようになったり、面白いアイディアや取組み
    >に対して、世界中から資金を募ることも可能になります。

    そうなんです。
    リップルに限らず仮想通貨が普及すれば、送金手数料ほぼゼロでの少額送金、マイクロペイメントが可能となり、地球規模での少額マネー大循環が始まるんですよね。
    寄付や資金集めが容易になり、アイデア次第では今までになかったようなサービスが生まれたりもします。

    なのに・・・。

    >リップルに関連する様々な情報やサービスを無償で提供致します。(リップル
    >トレード研究会への加入は、弊社から「XRP」を購入した方限定となっており
    >ます)

    ここでちょっとガッカリ。
    マイクロペイメント・サービスの可能性を謳いながら、情報やサービスは加入者限定の囲い込み。
    可能性あるサービスをオープンにしてくれる方が、リップル自体の裾野を広げ、ひいてはこの研究会自体の利益にもなるのに、と思ったりもしましたが。

    ですが、研究会のサイトを見て、なるほどと思いました。
    日本のRipple系ビジネスでよく見かける、投機心を煽る会社のようです。

    ・www.ripple-trade-japan.com
    http://www.ripple-trade-japan.com/

    最初に目に飛び込むアイキャッチ。

    「なぜ??1万円を1億円に増やせることができるのか?」

    微妙に変な日本語。
    「増やすことができるのか?」じゃなくて「増やせることができるのか?」。

    意識と無意識のはざまで微妙に感じる違和感。
    この微妙な違和感により、読み手はトランスに導かれたりするんですよね。
    ・・・なんていうのは深読みすぎるか。(^^ゞ

    ページ下までいくと。

    >では、どのくらい稼げるのか!ズバリ公開します!

    やっぱりですねw

    サンケイビズ記事にあった↓

    >【「リップルトレード研究会」のサービス概要】
    ><特長>
    >例えば、様々な慈善活動にFacebookの「いいね!」の感覚で世界中から小額
    >の寄付金を集めることができるようになったり、面白いアイディアや取組み
    >に対して、世界中から資金を募ることも可能になります。

    こういうサービスに関する記述はなし。orz

    目に余る日本のRipple系ビジネスに対して、Ripple Labsから公式声明が出ているので引用しておきます。

    ・Ripple Forum • View topic – 公式声明
    https://forum.ripple.com/viewtopic.php?f=24&t=7639&sid=0d9b27a9f63a38d339fc8317c0210a59

    >多くの日本の会社が、XRPは短期的に魅力ある投資としてリップルを広告して
    >いることを耳にしますが、XRPはそういう物ではないことを Ripple Labs がア
    >ドバイス致します。
    >XRPはBTCなどのデジタル通貨とは大きく異なります。
    >XRPは決済プロトコルにおける二つの重要な目的があります。
    >1)セキュリティー、2)ブリッヂ通貨です。
    >金融機関がリップルの規約を採用し使用することにより、XRPは長期間にわたり
    >もっと価値のあるものに成長します。

    もうすぐAmazonでRippleや仮想通貨が使える、かもよ

    というわけで、あまり話題になっていないっぽいVISA対応デビットカード「shiftcard」の話題。

    詳細は友だちのNoahさんブログから。

    ・Shift’s hybrid debit card – 仮想通貨(bitcoin ripple)  in USA.
    http://dtnoah.blog.fc2.com/blog-entry-86.html

    ・衝撃のShift Hybrid Card Beta Test!! – 仮想通貨(bitcoin ripple)  in USA.
    http://dtnoah.blog.fc2.com/blog-entry-114.html

    ・Shift’s hybrid card β Test 2 – 仮想通貨(bitcoin ripple)  in USA.
    http://dtnoah.blog.fc2.com/blog-entry-116.html

    この「shiftcard」を使うと、VISA対応ショップであればRippleでも決済ができるという優れもの。
    Rippleで利用できる通貨はいまのところBTC、XRP、USD、XAUで、Ripple以外でもCoinbaseのBTCも利用できるとのこと。

    現在はベータテスト中なので、正式スタート時には対応仮想通貨はもっと増えている可能性大です。

    しかし、現在対応する通貨だけでも画期的。
    VISA対応ショップでRippleのXRPが使えるのですから「アマゾンでサクっとXRP払い」なんていうことも簡単に出来てしまします。

    モナコイン界隈で、Amazonギフト券とモナコインを交換するショップを見かけたりしますが、Rippleゲートウェイ「Norupple」からモナコインをRippleに入金してそれをXRPに換えておけば、わざわざAmazonギフト券にする必要もなくAmazonでお買い物が出来てしまいます。

    画期的なカードですよね。

    そんな「shiftcard」は海外発送もしており、アクティベートや送料の支払いは当然XRPかBTC払い。
    登録したい方は下記から。

    ・Shift – It’s Your Money
    https://shiftpayments.com/

    ・・・なのですが。
    昨日登録しようと試みたものの、必要入力欄に記入して「SIGN UP」ボタンを押してみるも無反応。
    サポートへメールで問い合わせたところ、既に完売したとのこと。orz なんてこったい

    ですが、ベータテストを拡張したらすぐ連絡をくれるという優しい解答。
    また、遠くないうちに正式スタートしたい、とも書いていました。