Archive for CapEx

仮想通貨関連サービスの法的対応

セカンドライフ内証券取引所CapEXにとんでもない事態が発生しており、10月末日よりすべての取引を停止しています。
といっても、なんの事やらとか関心のない人が多いでしょうけどw

・Capital Exchange Suspends Activity Until Further Notice:SL Capital Exchange
http://www.slcapex.com/home/story/system/8580

今年7月にセカンドライフを運営するリンデンラボから利用規約変更が発表され、セカンドライフ内でスキルゲームを提供する業者は、新たな規約に準拠しなくてはいけなくなりました。
詳しくは過去の記事「セカンドライフの度重なる利用規約改正。あぁ・・・。orz」でどぞ。

この発表をうけてセカンドライフ内証券取引所CapEXでは専門の弁護士を雇い入れ、リンデンラボに対して必要書類を提出してきたのですが、いまだCapEXが証券取引シミュレーションゲームというスキルゲームだとリンデンラボより認可されておらず。
利用規約実施期限の10月末日に自発的に運営を停止。
リンデンラボからの認可を待っているという状態です。

これまで、セカンドライフはゲーム内で流通する仮想通貨リンデンドルを通してマネーロンダリングに利用された経験から、法的準拠を厳しく行ってきており、今回のスキルゲームに対する締め付けも、国や州によって異なるギャンブル性のあるゲールに対する規制に適応するためだと思われます。

さっき投稿したXNFTradingの方針変更もそうですが、仮想通貨関連サービスはそもそものスタートがまだ規制のない状態からのスタートであり。
またそのサービスが、それぞれの国が抱える法的規制を越えてグローバルに人々を繋ぐサービスでもあるわけで。
サービスの継続にあたって、仮想通貨を取り巻く法的規制の変化にも対応していかなければならず。
なかなか大変なんだなあ、と思う今日この頃。

というか、以前KYC(顧客の身元確認)を行うと言っていたリップルトレードジャパンさんが、いまだKYCを実施していないのが気になります。
仮想通貨ではなく法定通貨である円を、1週間で約1,000万円動かしているRippleゲートウェイなのですから。。。

セカンドライフの度重なる利用規約改正。あぁ・・・。orz

セカンドライフ内証券取引所CapExのアナウンスで、なにやらスキルゲーム業者に関する利用規約が改定されるらしいことを知り。
CapExでは弁護士を雇ってリンデンラボに書類を提出しているとか。
昨年5月にリンデンドル売買に関する利用規約が改訂されたばかりでもあり、リンデンラボもセカンドライフ内業者さんも大変だな、と思っていました。

で、す、が。
ここまで締め付けがキツクなっているとは知らなかった。(-_- ;

気になってちょっと検索してみたところ、日本語で今回の利用規約変更の記事を書いていたのは以下のブログだけ。(有り難いです)
規約変更の内容を見てビックリしました。

・富士山陣碁 FUJIYAMA ZYNGO:Linden TOS
http://fujiyamazyngo.slmame.com/c92833.html

最初の規約変更からその後内容が追加になったりとか、リンデンラボ自体がかなり焦っている様子。
上記ブログから、その内容を時系列順に引用させて頂きます。

7/21「スキルゲームポリシー(改

  1. スキルゲーム地域の設定

    • ジンゴ屋はスキルゲームSIMで営業しなさい、それ以外は許可しません

    • まるまる1SIMで営業しなさい。1/4SIMとかはLindenの管理が面倒だからダメよ
    • 新しいゲームSIMの維持費は345米㌦/月よ、高めに設定したワ(-_-)/~~ピシppシシ
    • 7月末に準備できるから、ゲームSIMに移行してもらうわ
  2. ゲーム地域へのアクセス制限
    Whenever you attempt to access a Skill Gaming Region,
    we check certain pieces of your account information against
    the requirements of our policy, including your billing address, age,
    and the location from which you are logging into Second Life.
    厄介な判定基準でアクセス制限する様です。
    アパターのステータス・中身の人の年齢などによって、
    ゲームセンターに入れなくなる恐れがありますね(*_*;

8/5「スキルゲーム屋の申請2

  • ■お客様に関する事

    1. アカウントの素性を確実に行なわないと、ゲームSIMに入れない恐れ
       SLホームページ→アカウント→連絡先を正確に入力下さい
    2. 日本人はゲームSIMに入れるとの事
       LLに聞いたのは、日本人はゲームSIMへのアクセス制限があるか?と
      「LLは制限しない。自国の法律に従いな」との事
  • ■店主に関する義務
    1. 9月1日までにジンゴ屋としての申請をする
    2. 四半期ごとに運営手数料を徴収される。いまの所100㌦との事
       ただしLLは金額を見直す事について、含みを持たせている
    3. ジンゴ屋のオーナーは1SIMあたり1名
       ということは、非常用L$を持たせるアバターは、NGになるかもしんない

8/18「スキルゲーム屋の申請4

  • 以下、店主がしなければならない義務です

    • 8月末までにLLから営業許可がでなければ、9月以降は営業停止
    • アメリカ人は弁護士・法律家からの、ジンゴ屋営業について意見書が必要
       ※日本人はどう対応して良いのか、LL問い合わせ中
    • ジンゴ屋を営業できるアカウントは、****_SLGOという名前が付く
    • 別アカウントなので、譲渡不可能なゲーム機は買い直し(*ノωノ)

専用ゲームSIMを購入し月額345ドルのSIM使用料を支払いつつ四半期毎に100ドルの運営手数料。
おそらくリンデンラボと質問やら何やらで何回かやり取りをし、その後面倒な申請書作成&(米国籍オーナーは)弁護士による営業意見書とともに提出し、リンデンラボの営業許可を取得、ということになるのでしょうか。

日本のジンゴ業者は壊滅するかも知れませんね。(-_- ; なんてこったい

セカンドライフ内証券取引所CapExもスキルゲームにあたるわけですから、現在こういう面倒なことを行っている最中なんですね。
今日のCapExアナウンスでは、弁護士の書類を含めて既に提出したものに、その後追加情報を提出し、今はリンデンラボの解答待ちとか。
CapExのCEOによると、更に多くのリクエストを予想しているが、結果については楽観的とのこと。

・SL Capital Exchange Home
http://www.slcapex.com/home/story/system/8441

はじめからキチンとした規約改定に伴う申請フォーマットが用意されておらず、改訂発表後にバタバタと申請内容を作成&変更&追加などが行われているっぽいですね。

かつて、アダルトエリアの設定、銀行禁止、ギャンブル禁止、サードパーティーのリンデンドル買い取り禁止と、次々と利用規約が改定されてきており。
どんどんクリーンな仮想世界になっていくわけですが。

キャンプ(その場にいるだけでお金がもらえる初心者には有り難かったシステム)あり、ギャンブルあり、アダルトありの、あの渾沌とした無法地帯なセカンドライフが懐かしい・・・。

リンデンラボの新通貨政策は第三者リンデンドル取引禁止っぽい

セカンドライフ内証券取引所CapExのCEOが、セカンドライフ・コンシェルジュに直接電話して「LindeX以外のリンデンドル取引所は規約違反」と伝えられた他、複数の通貨取引業者から「直ちに通貨取引を停止するようリンデンラボからメールで通知があった」と連絡があった旨フォーラムに投稿しています。

・New Linden Lab Currency Policy Doesn’t Affect Capital Exchange:SL Capital Exchange Forums
http://www.slcapex.com/forums/topic/general/8014

流れている日本語ツイートを見ても、どうやら事態は「第三者(LindeX以外)によるリンデンドル取引は禁止」という形のようです。

もともとリンデンラボは、その通貨リンデンドルをネット上の仮想通貨ではなくてあくまでゲーム内でのみ許可されるトークンだと定義していました。
とはいえ、セカンドライフ外のネット上でもサードパーティーによるリンデンドル通貨取引が行われていたのは事実であり、ある意味現実世界にも開かれたデジタル仮想通貨と見なされていました。

実際、今年3月に発表された米国財務省事務局・金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)によるガイドラインにも、リンデンドルは仮想通貨としてそれを扱う業者には登録義務が科せられています。

今回の新通貨政策である第三者リンデンドル取引禁止(だったとして)は、ゲーム外での通貨取引の道を閉ざし、リンデンドルの流通はあくまでゲーム内閉鎖空間に留めるのが目的かも知れません。
それによりFinCenへの登録義務の対象外になったり、FinCenによる仮想通貨の定義からリンデンドルが外れるのか、はたまたリンデンラボの目的がそうなのかどうかは不明ですが。

ぼくがセカンドライフをはじめた97年当時は、まだアダルト区分も明確ではなく(たぶんそうだったような)、ギャンブルも高利回りを謳う銀行業もあり、土地転売業者もかなりいました。
なんとなく無法地帯の匂いが漂うワイルドな空間だったのですが・・・。
年月が経過するとともに、法律への適合性も含めて環境はスマートなものに変化していかざるを得ないんですよね、きっと。

昔のセカンドライフを思い出すと、ちょっと寂しかったりもします。

セカンドライフの利用規約変更でリンデンドル取引は?

リンデンラボがセカンドライフ・サービス利用規約を更新しました。

・Updated Second Life Terms of Service – Second Life
http://community.secondlife.com/t5/Featured-News/Updated-Second-Life-Terms-of-Service/ba-p/1996185

上記ブログによると、最新のサービス利用規約では

  • LindeX(セカンドライフ公式リンデンドル取引所)以外の取引所でのリンデンドル(L$)取引は、認可されておらず許可もしていないことを明らかにします。

とのこと。

このリンデンラボによる新しいサービス利用規約を受けて、早くもセカンドライフ内証券取引所CapExからアナウンスが出ていました。

・New Linden Lab Currency Policy Doesn’t Affect Capital Exchange:SL Capital Exchange Home
http://www.slcapex.com/home/story/system/7072

CapExのCEOであるSkipさんによると、この新サービス利用規約はCapExに影響はないとのこと。
ただCapEx内上場企業の中には、この規約変更により影響を受ける企業もあるかも知れず、もし影響を受ける企業があれば逐次報告するとのことです。

おそらくこの利用規約変更は、今年3月に米国財務省事務局である金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)から出されたガイドラインを受けてのものだと思われます。
主にBitcoin取引所等への影響に関するニュースが流れましたが、このガイドラインはBitcoinだけではなく、リンデンドルなどの仮想通貨も対象にしていました。

・Virtual World 株式シミュレーション ≫ 米国政府はビットコインを規制する?(The Verge記事和訳)
http://flamenco.main.jp/kabu/?p=1583

ガイドラインの仮想通貨に対する主な内容を上記ページから抜粋しておきます。
以下のBitcoinをリンデンドルに置き換えるとよいと思います。

  • そのガイダンスでFinCENは、仮想通貨ユーザーは銀行秘密法のマネーロンダリング防止規則の下、マネーサービス業者(MSBs)として登録しなければならない、と明らかにしています。
    FinCENによると、商品やサービスを購入するためにBitcoinを使用する人々は、心配する必要は何もないとのことです。
    しかし、どんなユーザーまたはビジネスであれ、Bitcoinを他の通貨と交換する場合は、”金銭譲渡者”(一種のMSB)として資格を取得しFinCENに登録しなければいけません。
    それは、Bitcoin経済が必要とする多くのプレイヤーが、法律的にはFinCENに登録しなければいけないということです。
    それらには、Bitcoinが売買される取引所やBitcoin取引を手助けするBitInstantのような一般的なサービス、新しいBitcoinを生成し現金に両替する”マイナー”(採掘者)が含まれます。

上記内容ですので、当然リンデンドルを売買するセカンドライフ公式取引所LindeXもマネーサービス業者(MSBs)登録の対象となります。
もちろん、リンデンドルとBitcoin取引を行うVirWoxも登録義務を負うわけですが、VirWoxの運営元はオーストリアにある銀行およびビジネスに特化した法律事務所とのことですので、この辺の対処は心配ない、かも知れません。

というわけで、さっそく実際の新しいサービス利用規約を読んでみました。

リンデンドル取引に関する規約内容は、リンデンラボはLindeX以外でのリンデンドル取引を認可も許可もしておらず、「何らリンデンラボの関与するところのものではない」と明言することが目的と思われる内容でした。

数年前にリンデンラボから出された銀行禁止令は、セカンドライフ内での銀行に該当するサービス業務の積極的禁止でしたが、今回のLindeX以外のサードパーティーによるリンデンドル取引に関しては、セカンドライフ外業者なので「リンデンラボとは無関係」という立場を明確する規約にしたのでしょうか。

LindeX以外でのリンデンドル売買はユーザー個々がリスクを負うことになる、とも書かれていますから、リンデンラボ自体がそれらの業者を禁止したりすることはないようです。
ただ、VirWox等のリンデンドル取引所は個々に米国財務省事務局・金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)にマネーサービス業者(MSBs)として登録する義務を負っていることは確かなのだと思います。

※追記
ツイッターに日本のリンデンドル売買業者Exchange24が「セカンドライフ利用規約の改定により、第三者によるリンデンドル売買が禁止されたため、サービスを停止しました。」というツイートが流れていました。
メールでの連絡らしいですが、「禁止された」と解釈したのでしょうか。

いずれにしろ、仮想通貨であるリンデンドルやBitcoinを扱う両替所または取引所は米国財務省FinCenにMSBとして登録しなくてならないので、個人業者では登録するのは困難でしょうから今後も閉鎖する業者は出てくるのではないかと思います。

追々記
セカンドライフに特化したブログサービス・ソラマメで有名なmetabirdsさんはリンデンドル販売も行っているのですが、先ほどアナウンスが出ていました。

・metabirds(SLMaMe/Botbird) staff blog:【SL関係】リンデンドル交換についてご連絡- powered by metabirds – #sljp
http://staff.slmame.com/e1343237.html

現在リンデンラボにリンデンドル販売の可否を問い合わせ中とのこと。
リンデンラボからどのような回答が出るのか、興味深いです。

更に追記 2012.05.09
この上の記事にも追加したのですが、ここにもメモ。

VirWoxがリンデンラボの回答如何ではそのサービス継続不可能を示唆するなど、事態はかなり深刻かも知れません。
CapExのCEOはセカンドライフ・コンシェルジュに電話で「LindeX以外のリンデンドル取引所は規約違反」と伝えられたとフォーラムに投稿しています。

・New Linden Lab Currency Policy Doesn’t Affect Capital Exchange:SL Capital Exchange Forums
http://www.slcapex.com/forums/topic/general/8014

けっこう深刻っぽいですね。
セカンドライフはその通貨リンデンドルがゲーム外通貨取引も可能という面白さがあったのですが、リンデンラボの新通貨政策はFinCen対応も視野に入れたものと思われ、ゲーム外での通貨取引の道を閉ざし通貨はあくまでゲーム内閉鎖空間に留めるのが目的かも知れません。
以前よりリンデンラボは、利用規約でゲーム内通貨リンデンドルの位置づけを、ネット上の仮想通貨ではなくてあくまでゲーム内でのみ許可されるトークンだとしていました。
利用規約改定というよりも、それをより一層明確化しただけ、といえるかも知れません。

セカンドライフでバーチャル資産運用ゲーム

今ネット上にある資産は、仮想世界ゲーム「セカンドライフ」内証券取引所「CapEX」に1/3、バーチャル通貨Bitcoinとセカンドライフ内通貨リンデンドル(L$)との通貨取引所「VirWox」に2/3、あとはBitcoin取引所「Mt.Gox」にちょっとだけ。
合計で10万円に満たない額ではありますが。

実はこの資産は、すべてセカンドライフ内でゼロから出来たお金。
現実のお金や生活費とは無関係な、まったくのゲーム資産。

どこかで「資産とは才知だ」みたいなことを読んだ記憶があるのですが、このゲーム資産はそんな感じがします。

セカンドライフ内で、自分が身に付けたいと思った物を作り、ついでにそれを販売してお金を作り。
それを元に土地転売をしたり、セカンドライフ内株式に投資したり、Bitcoin通貨取引をしたり・・・。
(現在のセカンドライフ地価は底をついており、数年前は素人でも利益を出すのは簡単でしたが、今土地転売で利益を出すのは無理っぽい)

物作りという創造的遊び、ゲーム、表現が資産になり。
セカンドライフ内での土地調査や上場企業の動向チェックなど、知的好奇心を満たす作業というか遊び、ゲームがバーチャル資産運用にもなってしまうのです。
で、このゲーム資産は、その気になれば現実世界の現金になるのですが。
たまにお小遣いとして換金したりはするけれど、基本的にどこまで資産を増やせるかというバーチャルゲームとして愉しむのです^^

ちなみに、これまでセカンドライフ内証券取引所が突然消滅したりして、最高で資産の1/3が消えたことが2度ほどあります。
ネット上バーチャルならでは出来事。(^^;しょうがないのです