Archive for Kraken

安心できる日本の仮想通貨窓口Kraken上陸!

というわけで、ついにBitcoin等の仮想通貨取引所Krakenが日本上陸しました。

はじめ、今日日本上陸というニュースを見てサイトを眺めても、さして以前と変わりがなくて「?」と思いましたが。
設定から言語で日本語を選択すると、ちゃーんと日本語サイトになるじゃありませんか。な~んだ

・Kraken
https://www.kraken.com/

アカウントの認証レベルは0~4まで。

・レベル0:登録のみ。出入金不可。
・レベル1:出入金はデジタル通貨のみ。
・レベル2:出入金上限 1日:2,000$、1ヶ月:1万$。
・レベル3:出入金上限 1日:2万$、1ヶ月:10万$。

レベル1の認証は、氏名、生年月日、国、電話番号。
レベル2の認証は、上記に住所確認がプラス。
レベル3の認証には、運転免許証などが必要になります。

ぼくのKrakenアカウントはレベル2までの認証が通っていて、数ヶ月前からレベル3の認証が審査中になっていますがw。
まあ、当面レベル2でも充分でしょう。
日本上陸したことで、再度レベル3を申請し直せば認証されるとは思いますが、面倒なのでそのうちに。

「認証申請のページに、日本在住者・日本の銀行からの入金はレベル3認証+顔写真付証明書で自撮りした写真が必要とありまので、事実上レベル3は必須でしょうね。」という指摘がありました。
見逃していました。(^^ゞ
日本の銀行からの入出金はレベル3以上が必要なのでした。

さて、肝腎のKrakenと日本の銀行との出入金ですが。
入金の場合は、「入出金」→「入金」→「円(JPY)」と進み、記載されている三井住友銀行口座に入金。
出金の場合は、「入出金」→「出金」→「円(JPY)」と進めば、銀行口座を追加することができます。

おお、素晴らしい。
これで、晴れて日本にも信頼できる仮想通貨の窓口が出来ました。

あとは出入金にどれくらいの時間がかかるのかですが、誰かの報告を待つか、いつか自分で試してみましょう。

う~ん、それにしても画期的。
Krakenで扱う仮想通貨はBitcoinやLitecoinの他にも、RippleのXRP、StellarのSTRも含まれていますから、日本人にとってはかなり利用価値のある取引所になりそうです。

これまで、日本の個人が運営するRippleゲートウェイを利用してきましたが、今後はKraken利用になるかも。
というか、この日本上陸を機にKraken全体の出来高が上がることに期待しています。
(現状だと出来高悪すぎなのでw)

Justcoin取引所閉鎖

う~む、Justcoin閉鎖のメールが届いていました。

・Justcoinでの取引は10月29日(今日ですね)でクローズ。
・ユーザーはできるだけ早く資金を引き出すこと。最終期限は11月11日。
・資金引き出しは手動で行うので、24時間以内を見込んでほしい。

理由としては、Justcoinが利用してる銀行からもはやデジタル通貨は受け入れない旨通知があり、銀行口座なしではビジネスを続けることは不可能だとのこと。
もちろんつい先日起こった不正IOU取引での損失もあるでしょうし。
今朝出ていたニュースもタイムリー過ぎて無関係とは思えないですね。

・FinCENはビットコイン決済・交換サービスを資金移動業と見做す | ビットコインニュースのBTCN
http://btcnews.jp/fincen-bitcoin-guidance/

  • 金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)は、10月27日にビットコインの決済処理サービス・交換サービス事業をマネーサービス事業(MSB)として、米国の法律の下で管理可能とする指針を新たにリリースした。
    この指針によると、提供するプラットフォーム上で売手と買手のマッチングを行う交換所形式の事業者や、ビットコインでの決済を受け入れドルや円に変換する決済処理事業者も資金移動業者と見做される可能性がある。
  • 指針ではビットコイン決済処理サービスや交換サービスは資金移動業者としてFinCENに登録し、FinCENの規定する様々なリスク基準の下、「通貨取引レポートの提出」「疑わしい活動の報告」「証券売却に関する記録・管理」を徹底し、「資金移転ルール」を遵守しなければならないと結論づけている。
  •  

    さて、JustcoinはSTR/BTC取引市場の6割を占めるメジャーマーケットだったわけですが、Justcoin閉鎖のアナウンスとともにSTR価格は急落しています。

    下図はSTR/USDの24時間チャート。

    ちなみに、現在のSTR/BTC市場占有率が以下。

    1:Justcoin:62.44 %
    2:BX Thailand:21.37 %
    3:AllCoin:6.36 %
    4:Poloniex:3.02 %
    5:Kraken:2.85 %

    現在はタイ市場が2割で2位、それにAllcoin、Poloniex、Krakenと続いています。
    Allcoinはモナコイン取引トップの市場、Krakenは今月末に日本でサービスを開始するニュースが出たばかりの取引所。
    これら日本がらみの市場がどうなっていくか気になりますね。

    ・ビットコイン取引所大手Kraken、月内めどに日本でサービス開始:ITpro
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/102301587/

    ビットコインをRipple Walletに送金するには

    例えば、自分がMt.goxに持っているBitcoin(BTC)をRipple Walletに送金しようとする場合、ダイレクトにMt.GoxからRipple Walletに送金することはできません。
    逆の、Ripple WalletからMt.GoxへのBTC送金はサクっと簡単にできるのですが。

    というわけで、自分の手持ちBTCをRipple Walletへ送金するには、いったんRippleゲートウェイを通してそこからBTCをRipple Walletへ送金することになります。

    ・Rippleゲートウェイ一覧 (ripple_gateways – Devtome)
    http://www.devtome.com/doku.php?id=ripple_gateways

    日本でよく使われているのが「Bitstamp」で、その次が「Justcoin」という感じみたい。

    ・Bitstamp – buy and sell bitcoins
    https://www.bitstamp.net/

    ・Justcoin · Secure Bitcoin Exchange from Norway (USD, EUR, NOK)
    https://justcoin.com/en/

    ぼくもBitstampにアカウントは持っていますが、難しいので認証は取れていません。
    認証が取れないとBitstampにBTCを入金することもできないので、結局Bitstampは利用出来ないまま。(^^;

    Justcoinにアカウントを作れば、たぶん認証なしでもBTCの送受金はできると思う(未確認)のですが・・・。
    何せJustcoinにアカウントを作るには、携帯電話でコードを受信しなくちゃいけなく、携帯もスマホも持っていないぼくは未だアカウントが作れていません。(^^;

    ぼくが唯一Ripple WalletにBTC送金可能なRippleゲートウェイは「The Rock Trading」。

    ・The Rock Trading Ltd
    https://www.therocktrading.com/

    実はこのRockさん、セカンドライフの通貨リンデンドルも扱っている通貨&株式取引所。
    取引があまり活発ではないのでほとんど利用しませんがw
    アカウントはサクっと作れて、簡単に利用できるRippleゲートウェイではあります。

    と、BTCのRipple Walletへの送金は、Rippleゲートウェイ経由が簡単でスマートなのですが。
    ぼくは「Kraken」という仮想通貨取引所を使ったりします。

    ・Kraken Digital Asset Trading Platform
    https://www.kraken.com/

    取引が盛んというわけでもないのですが、なんか気に入ってるんですよね。
    Krakenは【まだ】Rippleゲートウェイではありませんが、そのうちゲートウェイになるかもよ、みたいなことがF&Qに書いてます。

    いったんのKrakenにBitcoin(BTC)やLitecoin(LTC)を送金し、ここでRipple通貨XRPに換えてRipple Walletに送金。
    またはRipple Wallet内取引で換えたBTCをKrakenに送金してXRPに換金。
    みたいなことをしています。

    以下は昨年11月の記事ですが、Krakenがドイツのオンライン金融機関Fidor銀行と専属パートナーシップを終結したとあります。
    ドイツの金融監督機関の規制をパスしている銀行と提携しているというのは、かなり心強いですよね。

    ・ビットコインを合法化:Kraken、ドイツの金融監督下にあるFidor銀行と提携
    http://jp.forexmagnates.com/2013/10/11/forex-trading/13527

    • 特定の仮想通貨を制度化する動きがあり、その背景には電子通貨取引所がオンライン銀行との提携を始めたことがある。
      9日、このほど設立された電子通貨取引所「Kraken」が、EU域内の顧客に対し従来の銀行のファシリティーを提供することを目的として、ドイツのオンライン金融機関Fidor銀行と専属パートナーシップを結んだ。
      Fidor 銀行は、ドイツの金融監督機関BaFinにより規制を受けている。

      この1か月間に、注目度の高い匿名マーケットプレイスが当局によって廃止されたり、他の知名度の低いマーケットプレイスが自主的に閉鎖したりする中、仮想通貨に対するイメージは、世界中の金融機関や政府機関から見て、極めて重要な位置付けとなっている。

      Krakenは、規制を受けている金融機関と提携した最初の電子通貨取引所だが、Fidor 銀行が銀行のファシリティーを仮想通貨の所有者にも広げることに関心を示したのは、今回が初めてではなく、今年7月に、ビットコインのマーケットプレイス「Bitcoin Deutschland GmbH」と提携している。

      Payward社のCEO、Jesse Powell氏は企業声明で「当初からの目標は、ビットコインをはじめとする仮想通貨が、ユーロやポンドなどの政府発行通貨を補完するものとして合法化されることです」と述べている。

      Fidor 銀行 のCEO、Matthias Kröner氏はさらに「当社の長期的な目標は、金融市場におけるイノベーションを発掘し、ビジネスパートナーや個人顧客が利用できるようにすることです」と話した。

      また同氏は「当社には、銀行として自社のエコシステムにおけるイノベーションを後押しする責務があります。ビットコインは、本格的な代替仮想通貨としての地位を確立してきました。Krakenでは、ビットコインを、他の外国通貨と同様に、安全・簡単・柔軟に取引することが可能です」とも述べている。